<< ランカーシーバス! | main | 2015年 天橋立冬花火 >>

鯛の見分け方

JUGEMテーマ:日記・一般
久しぶりの投稿ですが、連日晴天に恵まれて夜間は少し冷え込みますが
少しづつではありますが、気温も下がってきております

来週には冬花火も開催され当地区も賑わいますね

さてさて、相変わらずのオカッパリなのですが、ここのところあまりいいのが釣れてない上に
少しエサとなる小魚の数がへっているのかシーバスの姿も見えないので

昨日は久しぶりの船にのったのですが、お昼から大荒れで
またこれも久しぶりの船酔いにあってしましました

で、肝心の青物は釣れませんでしたが
小さな鯛が釣れましたので少し解説です

といっても船長に教えてもらったのですが
丹後で上がる鯛には種類があって、


右から真鯛 そして真ん中がチダイ 左がレンコ鯛なのですが
見分け方があるんですね

まず、一番左のレンコダイと他の鯛との違いは
はっきりとおでこの部分と写真ではわかりにくいですがピンク色が
はっきりとしているのでわかりますね
では一番右の真鯛と真ん中のチダイの見分け方

実は尾びれにあったのです一番右の真鯛は少し黒ずんでいるのが
おわかりいただけますか
それに比べて真ん中のチダイはピンク色
同じ鯛でも
このような違いがあるのですね

真鯛はお刺身でおいしいのですが、レンコダイとチダイは塩焼きや
昆布締めなどがよりおいしく食べれますので
こういった見分け方も知っておけば釣り上げたあとの
調理方法も変わってくるという物です

ちなみに、オスとメスの見分け方は
内臓を出せばわかるというのもありますが、オスは白子メスは真子
こういった物が入っていない場合もありますので
外観から、よりピンク色為ている物がメス
少しどす黒いのがオス
という真鯛は簡単に見分けられますが、他の鯛は頭の部分で見分けます

写真がなくて申し訳ありませんが、オスのほうがおでこが出ているというか
目の上の部分が少しせり出しているのです

私も知らなかったことなので皆さんにも知っていただきたいなぁ〜と思いましたので


さてさて、新しいコンビニで買えるおみやげのお話



その名も宮津 カレー焼きそばドッグです



その昔宮津で人気のあった今はなき平和軒というお店のカレー焼きそばが
B級グルメとしてとりあげられましたが、今度はコンビニで販売中です

少しとろみのあるソースが決め手かな

130円なのでお求めやすくコンビニで買えるので 新感覚のおみやげというかご当地グルメ
なので、是非食べてみてください

素朴な味なので食べやすいですよ

以上お知らせでした

 
| フィッシング 船 | 22:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://sato-yado.jugem.jp/trackback/2163

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
RSS
RSSリーダーで購読する
アクセスアナライズ
今日のお天気
タイドグラフ(潮汐)
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM