日本三景 天橋立 里のやど 川尻

若旦那の日々彩々
真名井神社祭り
 とても素晴らしい天気でした。が朝夜は耐えられないくらいに寒いですね。
さてさて、昨年も同じ内容をお届けさせていただきましたが元伊勢籠神社の
奥にある、真名井戸神社の大祭です

天橋立が見渡せる鳥居のそばには幟が揚げられます
そのほか府中地区の各部落でも同様に幟が揚げられます

私が小さい頃は出店もありにぎやかだったのですが、現在は参拝者は見えられますが
それほどの多くの方は見えられなくなりましたね


でも近年、ちらほらと若い方からお年寄りまで平日の昼間にお参りに来られるのを
参道の脇にある私のミニ農園で農作業をしていると見かけます

言わずと知れた名水 
神の水!

まさにいやしろ地と呼ばれる場所

そんな場所にある真名井神社では豊受大神が祭られています


このお祭りは昨年の同日のブログで詳しく書きましたので省略させていただきますが
今年は、奉納の中で行われた 笛の音をお聞きください

これは岩笛(いしふえ)と呼ばれるもので神秘尾的な音色がします
夜中には聞かないでください、、、、、、

| 祭り イベント | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
赤ちゃん相撲!
 素晴らしい天気となりました連休の最終日!
本日は毎年体育の日に開催されるという、赤ちゃん相撲に行ってきました。
昨年も写真を撮りに出かけたのですが、今年はお客様でこの祭りに参加されるかたが
おられましたことと、従業員の孫が二人も参加するということなので、
行かずにはいられなくなったのです


もう一度おさらいです。場所は宮津の滝上公園のとなり
山王宮日吉神社の境内にて開催されます

奉納は一人5.000円で、男女問わず奉納できます

赤ちゃんとは言え本物の土俵です

お客様のお子様の男の子もめいいっぱい泣いていました。


よいしょ!よいしょ!の掛け声で右、左へ、、、、、

本日は250名の赤ちゃんで終了ですが朝10時からはじまり、3時くらいまでかかります
では、今年の様子を動画でご覧下さいませ


| 祭り イベント | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
宮津 和火 最終日
 秋の宮津の中で三日に及ぶ 宮津城下町 和火も最終日となりました。
カメラをもって撮影に出かけたのですが、連休ということもあり
午後6時になっても道路は渋滞しておりました

今年で確か4年目ですかね。
宮津の寺町と呼ばれるお寺が数多く集中している場所で 竹の灯篭、ペットボトルの灯篭
ちりめんの糸巻き灯篭などが道路に散りめばられ夜の城下町を照らし出す
といったイベントです

夜のお寺はとても素敵なのですが、、、、

ペットボトルの灯篭は、あまり素敵ではないですね。
最初に開催されたときよりも ペットボトルって味気ないとファインダーをのぞいて
いて感じました。

カラフルになったものもありますが、プラスティックですから、、、、
竹の灯篭はまだ絵になりますね。

今年は昨年に比べて夜の気温が低く、警備をされている方も少し
凍え気味です。
本日は昼間にフリーマーケットも開催され、明日はあかちゃん土俵入りといって
宮津の山宮神社でまわしを締めたあかちゃん相撲も開催!
と、旧宮津町 すごく忙しい連休ですね。

旧宮津町とお書きしましたが、当やども宮津市ですが、その昔は府中村でした
宮津はその昔たいそうにぎわっており、北近畿では宮津へ行けばなんでもそろう
といわれたのが、旧宮津町なのです。

が時代も変わって、小さな町となったのですが、市役所もありますし、
裁判所、府の事務所もあります。
で、こういったイベントも昔をしのんでという形ではありますが、
年々訪れる人もカメラマンも少なくなっているように感じます。

さてさて、夜のイベントをお送りさせていただきましたが
実は昼間に 神鍋の炭屋さんの炭で秋刀魚を焼いてみました


着火には時間がかかりましたが、いったん炭に火がつけば
勢いよく火が回ります。さすが、白炭です。

で、、お味は、、、、、


煙の量も幾分少なく感じられましたが、味は微妙なというか絶妙な
炭の香りで、おいしかったです。

以前にも書きましたが、今年は秋刀魚も昨年よりおいしくないので
評価は控えさせていただきます

で残りの炭は
お風呂へさぶーん

洗濯ネットに入れてみましたが、湯量がおよそ6トンくらいありますので
もっと大量に入れないといけないかもしれません
およそ2キロくらいでしたから、、、、でもきのせいか湯の濁りが
少し少なくなったような気がしました。

いつもお客様が多い時は、お湯が濁ることがあるので塩素で補うのですが
今日は、濁りが少なかったような気がしました。
これって炭効果なのかもしれません

でもどのくらいで交換したらよいのかわからない上、最低必要な量もわかりませんので
少し研究してみないといけませんね。

| 祭り イベント | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
福知山 花火大会!
 朝から少し曇り空!お盆も今日で終わりなので、うちの田舎では
本日お墓から灯篭を持って帰って、お墓に先祖を送るという「送り火」の
日なのです。

送り火が進化したのが花火といっても過言ではないでしょう!

で本日は福知山の花火大会。
昨年も福知山城からカメラ撮影にいったのですが
今年は河川から撮影しました。

福知山どっこいせ花火大会というのですが、府北部では最大の6.000発

6尺球!

以前からカメラ撮影の手段として黒い布を使いたくて本日挑戦したところ
以外にうまくいきました。

方法はカメラをバルブモードにします。
絞りを9から11くらいにして、マニュアルフォーカスにしてピントをあわせます。
あらかじめ、レンズを黒い布で覆ってカメラに余計なものが写らない状態にします

その後、打ちあがる花火がタイミングにあわせて黒い布をかぶしたり、はずしたりして
花火を様々な場所に写しこみます

するとあたかもいくつかの花火が一度にあがったような写真が完成するわけですね。

ではこの様子を動画でお届けさせていただきます


明日は宮津灯篭流し花火大会!
引き続き花火の画像をお送りさせていただきます


| 祭り イベント | 00:22 | comments(2) | trackbacks(1) | ↑PAGE TOP -
雨の日のイベント

本来ですと、海水浴へいくのも、山へ行くのも一番最高の時期なのですが、
梅雨明けしたのに相変わらずの雨、、、

さらに、本日はイベント満載の日です。

成相寺 千日参り、久美浜 如意寺 千日祭観光祭 、そして、7/26日に開催予定で
雨天のため延期となった、宮津 金引きの滝祭り!

本日は 金引きの滝祭りに行ってきました。
本来でしたら

上の昨年の写真のように、
ライトアップされた、滝の前で演奏会が行われるのですが、
本日は雨天のため滝場公民館にて開催です

公会堂の前にテントが張られ観客席が設けられました


金引きの滝祭りの詳細は http://homepage2.nifty.com/23-nohi/
コチラで滝の動画も見れます


画像だけではわかりにくいので、、、

動画でご覧くださいませ

アンコールの動画は
| 祭り イベント | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
真夏の最初のイベント
 本日も最高の天気でしたが、、、平日ということもあり海にはまばらの人影、、、
さてさて、宿のほうでは新しくオーダーしておいた。必殺バーベキュー 蒸し焼きアンド
燻製もできるよ! 名づけて「むしむしくん 1号}が完成しました。

以前に燻製ができるものを手作りしたこともあるのですが、これは鉄工所にオーダー
したものなので、本格的です

普通のものはふたがついてないのですが、
パカッ!とあけると

こんな風になっています
さらに

キャスター付なので持ち運びもできます。

燻製、ロースとビーフ 鳥 豚の丸焼きもできちゃう
すぐれものです。
これをつかって、美味しいものを作っていきたいと思います

で夜になって今夏最初の天橋立のイベントが対岸の文殊地区で行われました

出船まつりといいますが、由来はよくわかりません。(すいませんー)
この祭りは物語になっていて、天橋立へ悪い龍が舞い降りて
その竜を退治するといった内容らしいです。
(くわしくなくて、、、、すいません)

音楽に合わせて舞う龍がとても迫力あります
龍舞のあとは約10分間の花火大会です

やはり、花火はたくさんの人を集めますね


火を吐く龍も豪快です

ではこの様子を動画でお送りさせていただきます

続いて当府中地区および天橋立んで次回開催される
炎の架け橋と竹彩の告知ビデオをお送りいたします。

| 祭り イベント | 22:08 | comments(1) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
海水浴場 海開き!

7/1日 本日 天橋立海水浴場(文殊と府中)合同の海開きが開催されました。
昨日からの雨で残り雨が降る中、観光協会はもとより宮津市ほか多くの団体で
今夏の海での安全を祈願いたしました

海で遊ぶことはとても開放感があり、体にもとてもいいのですが、
「海をなめちゃーいかん!」といわれるくらい、ルールやマナーなどもふくめ
遊び方を間違えると大変危険なのですね。


そういったことも含めて、神様にお祈りするわけです


地元の小学校もイベントの応援に来てくれました。


総勢100名以上 の関係者で文殊側の海水浴場は埋め尽くされました

京都市内からは馬も参加です

が時間の都合で出番なし、、、、、汗、、、、、汗、、、、

でも宮津市警察による 救護活動の演習が行われ、ヘリコプターも
飛んで本格的!
この様子を少し動画でお送りさせていただきます


雨でレンズが曇っていますが、宮津警察も水上ボートやジェットスキー、ヘリと
水難事故に備えております。




成相傘松公園のイメージキャラクターの「かさぼう」くんも参加です

プリンセス 天橋立のおねえちゃん水着姿で参加!
まだ寒いのでちょっと震え気味です。


途中雨が激しく降り出す一面もありましたが、無事終了!
まだ梅雨が明けないので、水温は冷たいですが例年だと
7月中旬には最高の天気となります。

一昨日も申し上げましたが、今年の海 特に砂浜はとっても綺麗です
もともと天橋立は海水浴から始まった観光地といっても過言ではありません。

近年は様々な遊び場所や遊び方がが生まれて、旅先方面もお迷いなられるとは
思われますが、海こそ原点です!

どうぞ!今年の夏は天橋立へお越しくださいませ、、、、、、暇なので、、、、、、おねがい、、、、

| 祭り イベント | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
由良川 てんころレース
 本日は最高の天気となりました。
さて、宮津市の端というのかほとんど舞鶴になるのですが、
由良地区で第3回由良川てんころレースが開催されました。

まず、簡単にご説明させていただきます
てんころとは漁船のことで、その昔エンジンなどがない時代天橋立の内湾の
阿蘇海の中で浅利とか鰯を採るのに使われた独特の形を持つ船のことを言うのです。

およそ、10年ほど前だったかなぁ?
そもそも真冬の時期に天橋立冬のてんころ舟競争として
観光協会が冬の集客イベントとしてはじまったのですが、
松葉蟹で天橋立が忙しくなっったことと極寒のなかでの参加者不足、
イベント運営の大変さなどが重なり、天橋立では開催中止となり、
これが由良川のてんころレースとし復活して3年前に開催されたのですが、

今年から由良の海水浴場PRも含めてなのか、由良海岸で行われました

FM福知山のパーソナリティの司会の進行で

舞鶴のよさこい踊りも披露

キャラクター人形

宮津市役所あらふぉーチーム!

参加者は宮津市内だけじゃなく、宮津市周辺の市町村からも参加され
天橋立で行うのとはぜんぜん違う広域参加者型イベントですね



宮津市消防団!

レースは一方向へおよそ150メートル先のブイまでひたすらこぐ!こぐ!のですが
海なので潮の流れもありますし、風がまともにきてとても大変そうでした。

もう夏は目の前!汗びっしょりの選手とそれを応援する夏姿の
女の子!やっぱり海!夏!は最高!浜辺はとても気持ちいい!
パラグライダーも飛んでいて、イベントをいっそう盛り上げてくれました
| 祭り イベント | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
雨の中の舞台
 本日は午前中そして午後からも曇り空でしたが、残念ながら語り舞台の開演時刻より
雨が激しく降り出しました

さてさて、神社横の大きなテントの中では記念式典が開催されました

そもそも、この整備事業なのですが、およそ5年前から着々と社務所の改築
青龍殿(式場)、そして、参道および鳥居の新築のお祝いの一区切りの儀式なのです


国宝はカメラに収めることはできませんが、左のモニターに映っているのが
天皇家の家系図よりも古いとされる、海部家 家系図です。
この家系図の出現で日本の歴史が紐解かれたといっても
過言ではありません

宮司のあいさつよりはじまり、およそ2時間の式典が開催され
およそ300人ほどの来賓者が見えられました

そして、午後6時半からは本日のメインです
女優 浅野温子「日本神話 語り舞台」が行われます


境内の中に作られた特設ステージで行われますが、、、、

ここから先は撮影禁止なので、文書にてご説明させていただきます
浅野さんのこの語り舞台のテレビPRのビデオはこちらをご覧ください



開演、まもなく小雨だった雨が小ぶりになりましたが、およそ1200名の
客席の皆さまは合羽を着て迫真の浅野さんの語りをじっくりときいておられました


脚本もこの地域をあらわした内容へ一部変更されていました。
天橋立が天に向けて掛けられた橋だが、天上への道が崩れ落ちて今の形になったこと!

そして、元伊勢籠神社 そして、真名井神社に祭られている神は 
日本神話の原点であることをしっかり語っていただきました。

語り舞台は 一部、二部と分かれており、一部が終わったころに雨が強く降り出し
気温も下がったので、途中退席される方もおられましたが、
浅野さんの一人で何人もの神様を演じる、迫力の声に引かれ皆釘づけでした

私自身も 神話について詳しく知らなかったので改めて勉強になりました

ただ一つだけ私が知っていたのは、天の岩戸に天照大神様がお隠れになったときに
世界がまっ暗闇になり、困り果てた神様達は天売受神さまに岩戸の前で
踊るように言いました。そのあと天照大神様は何をしているんだろう?
と岩戸を開けるのですが、
この、天売受神(あまのうずめ)の神様から当宿の障子で囲まれたお風呂の
名前をいただいております


また、あまのうずめさまはのちに猿田彦の神様と結婚したといわれております
で、当宿の露天風呂は猿田彦の湯とさせていただいております


また、お風呂の入口にはそれぞれの神様が天橋立へ降り立った絵を飾っております

当初は神々の湯とさせていただいていたのですが、成相寺の観音様よりお湯をいただいておりますので神々、、という言葉はのちになくしましたが、神仏一体なので神話が生まれた
この地域から頂いたので、とてもありがたく感じております


話が横にそれてしまいましたが、やはり一流女優!、さまざまな神様の演技もさることながら
人々を引きつける語りぶりには、思わず聞き入ってしまいました。

語り舞台は20時過ぎには終わりました。

終了のち機材などの片づけですが、ものすごい数の照明と音響機材です

少しお手伝いをさせていただきましたが、我々はお先に失礼いたします。


最後に、元伊勢籠神社の記念祭典は今月いっぱい続きますので
ぜひこの機会に天橋立へお越しください
国宝が真近で見られますし、神社のライトアップもぜひどうぞ!
http://www.motoise.jp/main/top/index-nenki.html



| 祭り イベント | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -
語り舞台準備と宮津祭り!
 本日までは晴れですが、明日からは雨になるそうです。
なんと、明日は浅野温子語り舞台の日じゃないですか、、、、

着々と準備が行われいますが、残念ながら客席には屋根がありません

舞台には屋根があるようですが、、、、、

どうやら明日は雨の中の公演となりそうですね。

神幸2500年紀として元伊勢籠神社のイベントなのですが、観光協会も
地元の団体も協力していますが、小さな町なのでとても大変です。

観光的にはどうなんでしょう?天橋立が浅野温子が訪れることで
有名になるでしょうか?
それとも、メディアが大きく取り上げてくれるでしょうか?
浅野さんも毎年、各地で公演されているのですから、
そのようなことは期待できませんね。

そんなことよりも、浅野さんは日本書記を語るのですからこの地に足を踏み入れて
この地の本当のすごさを知っていただければいいなぁと考えております

気のパワーのある人は籠神社を訪れると何かを感じるそうです。
日本神話の伝説などは全国でもいたるところで存在しますが、
以前もこのブログで申し上げましたが、籠神社さらにその上の真名井神社には
日本書紀に深く通じるものがあります。

いずれにせよ、このイベントは今回限りだと思いますので、
ぜひ公演者には何かを感じ取っていただきたいものです。

 さてさて、私たちの中心 宮津市の旧宮津町では5/113日から本日まで
宮津祭りが開催されています
宮津には二つの神社があって、どちらの神様に奉納するかなんて
以前わからなくなったことがありましたが、

この宮津祭り 宮津城下町七万石をうかがわせるにぎやかなものです
私どもの地は府中村といい宮津の細川氏の管理下にあったのですが、
当地区の祭りとは別のものです。

宮津祭りの中でも浮太鼓と呼ばれるものが無形文化財に指定されています

浮きとは「うかれる」という意味で、うかれながら太鼓を打つという意味ですが
リズムはバラバラではないですよ。

この浮太鼓は宮津の漁師町が奉納するもので子供から大人まで
順番に太鼓をたたいていくそうです。

がやはり祭りは出店ですね。

宮津祭りはこのあたりの祭りの中でも一番多く出店が出ます
本町街道外れの沿道にはおよそ、50軒くらいでていました。




| 祭り イベント | 18:50 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP -